サイトメニュー

注射だけで小顔になれる

顔に触れる女性

顔太りは美容整形で解決を

顔太りの原因は張りすぎたエラにあることは多く、骨の形状ではなく筋肉の発達が要因である場合はボトックス注射が役立ちます。骨の切除は確実な治療方法ですが、大掛かりな手術になるので恐怖感を覚える方が少なくありません。ボトックスはアセチルコリンの分泌を阻害して筋肉麻痺を起こさせることによって緩ませ、一回り以上顔を小さくすることができる方法です。注射をするときは麻酔をしないことが多いですが、痛みをあまり感じない注射針が使われているので安心できます。その場で効果を得られるわけではありませんが、数日後から少しずつ変化を感じられるでしょう。顔のしわは筋肉の劣化によって生じると思うかもしれませんが、筋肉が進化しすぎることで発生する症状もあります。エラ張りもこれと似た症状であり、放置しておくと横に向かって顔を大きくしてしまう要因となります。それにより体重には変化がないのに、周りから太ったと言われたりするわけです。エラ張りによってフェイスラインが崩れると、視覚的にスタイルが変化したように見えてしまいます。実際は体重・スタイルに変化がなくても、顔が太ると全体的に太ったように見えるから不思議です。ボトックスは気軽にエラ解消ができる美容整形で、顔の筋肉に数箇所注射をするだけです。ボトックスはもともと一般の医療機関で活用されていたもので、安全性の高さは証明されています。ボトックス注射を受ける美容整形を探すときは、ドクター自身が治療を受けているところがおすすめです。自分の身体で試して効果を証明するほど説得力のあるアピールは存在しません。エラができてしまうと顔が大きく見えてしまうので、小顔になるためにも解消したいところです。エラ張りは遺伝による症状もあり、骨格形状が原因の場合は骨切りをしないと解消しません。骨は顔の形状にそのまま影響してくるので、フェイスラインをスッキリさせるためには手術が必要となります。しかし現実的に見るとエラ張りの原因の多くは筋肉の発達にあるため、筋肉を適度に緩めていくことが対処法となります。エラ張りを促してしまう筋肉は咬筋と呼ばれており、食べ物を噛むときに使用するものです。食事のたびに使いますし、就寝中の食いしばり・歯ぎしりなども関係しています。朝起きると歯がキリキリするという方は、無意識のうちに行なっている可能性があるので注意です。ストレス過多の生活を送っている方は睡眠の質が下がり、就寝中に歯をカチカチさせるタッピングをしていることがあります。昔の写真と現在の顔を比べてみて、現在のほうが大きいと感じられたら咬筋が発達しすぎているかもしれません。常に歯同士が接触している方は噛み締めをしている可能性があるので、意識的に歯を離すようにしてみてください。ふくらはぎや太ももにも言えることですが、筋肉は使えば使うほど固く大きくなっていきます。筋肉によって太ってしまう場合は、むくみ解消・脂肪減少などの対策は使えません。通常のダイエットで落とすことが難しいのが筋肉なので、咬筋をほぐしていく必要があります。手技でほぐす方法が効果的ですが、ある程度硬くなっているなら医療機関でボトックス施術を受けるのがおすすめです。ボトックス注射は筋肉を緩めることにより、エラを細くすることができます。

注射

切らずにエラ張りを解決

気軽にエラ張りを解消できる方法としてボトックスエラ注射が注目されており、メスを使わずに筋肉を柔らかくして顔痩せを実現させます。費用の相場は1〜3万円程度となり、クリニックや使用するボトックスの品質によっても変わります。

後ろ姿の女性

大きな顔も小さく変化

ボトックス注射をエラ部分に注入することで、咬筋が発達したエラ張りをすっきり改善することが出来ます。治療を受ける際はいくつか注意点があるのでしっかり覚えておくことが大切です。顔が大きく悩んでいる人は施術を受けて小顔を手に入れましょう。

顔に触れる女性

筋肉を抑制して小顔にする

ボトックスエラは顔の中でもエラが張っている部位に使うことで、エラの筋肉を細くして小顔効果を出します。この施術は多くのクリニックで行っていますが、技術の確かな医師のいるところを探すことが大切です。また使用する製剤の違いも考慮して選びましょう。

Copyright© 2018 ボトックスで憧れの小顔になろう!気軽にエラ解消ができる美容整形 All Rights Reserved.