サイトメニュー

大きな顔も小さく変化

後ろ姿の女性

治療の中身と効果

外見の中でも顔を気にする人が多くいます。その中に、エラ部分が大きく発達しているエラ張りで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。顎周りのエラが大きく出っ張っていると顔がベース型の様に広がって見え、大きな顔に見えてしまいます。特に女性は小顔に憧れを抱く人が多く、そんなエラ張りを改善したいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。実はこのエラ張りですが、骨が出っ張っている様に見えますが、咬筋と呼ばれる筋肉が大きく膨らんで目立ってしまっている場合もあります。骨格の問題の場合は骨を削るなどの処置が必要になりますが、咬筋が原因である場合はボトックス注射だけで簡単に改善することが出来るでしょう。ボトックスを咬筋に注入することで咬筋の動きが鈍くなり、結果的に咬筋が小さくなりすっきりとした顎周りをつくることが出来ます。ただし施術を受ける場合注意しなければいけないことがいくつかあります。まずこのボトックスですが一度注入することで永続的に効果がある訳ではありません。その為、もし効果を持続させたいのであれば数ヶ月置きに注入する必要があるでしょう。また、注入後は患部を強く押したりマッサージをしたりするのはやめましょう。せっかく注入した薬剤が押すことにより余計な部分にまで広がってしまう場合もあります。薬剤が他の部分に広がってしまえばせっかくの効果が薄れてしまうことにもなりかねない為、あまり強く押すのはやめましょう。また、患部は非常にデリケートな状態です。強い刺激を与えたり紫外線を強く浴びたりするなどの行為は控えることが大切です。ボトックス注射を受ける場合、まずクリニック探しをしなければいけません。このボトックス注射は注入量が多すぎてしまうと副作用が出てしまう場合があります。副作用としてはエラの施術の場合はボトックスの注入量が多すぎてしまったことによる表情の出しにくさが挙げられます。ボトックスは筋肉の動きを抑制する効果を持っていますが、量が多すぎて必要以上に筋肉の動きが抑制されてしまうことでその様な現象が起きてしまうでしょう。その為、施術を受ける際は出来るだけ熟練の腕を持つドクターにお願いをする様にしましょう。クリニック選びも仕上がりに大きく影響してきます。まずはきちんとクリニックの評判などチェックしながら安心して施術を任せることが出来るドクターがいるかを調べましょう。カウンセリングの予約をする場合はホームページからweb申し込みや電話で申し込みをすることが可能です。カウンセリングを受けたからといって必ずしもそのクリニックでボトックス注射を受けなければいけないという訳ではありません。いくつか見比べた上で決めても良いですし、このクリニックで受けると決めている場合はカウンセリングを申し込む際に一緒に伝えておくことをおすすめします。そうすることでカウンセリング後当日スムーズに受けることが出来るでしょう。何も伝えておかないと、カウンセリングを今日受けたいといっても予約で埋まってしまっている場合もあります。その為、長時間待たされてしまったり当日出来なかったりする場合もあるので当日エラの治療を受けたいことをしっかり事前に伝えておきましょう。

Copyright© 2018 ボトックスで憧れの小顔になろう!気軽にエラ解消ができる美容整形 All Rights Reserved.