サイトメニュー

筋肉を抑制して小顔にする

顔に触れる女性

クリニック選びが重要

ボトックスエラは小顔効果の出せる施術です。顔を小さくするためには、色々なアプローチ法がありますが、ボトックスエラの場合にはエラの筋肉を小さくして顔を小さく見せるタイプのものになります。骨などには一切手を加えないだけでなく、脂肪吸引のように何かを取り去る施術も行いません。どのようにして顔を小さくするのかというと、まずエラの筋肉が大きくなっている部位にボトックスを注射します。ボトックスは顔に使われる場合はシワとりとして使われることが多いのですが、小顔効果もあります。シワをなくす時と同様に筋肉の動きを抑制させます。これはボトックスを注入した部位だけに作用を起こすので、顔の他の部位はいつも通りの状態を保てます。そして、ボトックスの効果が続く数カ月間の間は、エラの張った部位の筋肉を使わないようにさせます。数ヶ月後には使っていない部位の筋肉は小さくなっているので、エラの張りが少なくなっています。この状態で2回目のボトックスエラを使わずにいると、いずれは元のようにエラの筋肉を使った生活に戻ります。一時的にエラの張りを解消できても、その後に元のように筋肉を使ってしまうと、また筋肉が大きくなり、元の顔の大きさに戻ってしまう可能性もあります。これは個人差があると言われていますが、一度だけの施術でも効果を長持ちさせられる人もいます。しかし通常は、何度かボトックスエラを続けて受けたほうが、しっかりと効果を持続させられます。何度も連続で使用していると、効果が長く続くようになり、最終的には安定して小顔でいられるようになります。ボトックスエラは数多くの美容整形外科などで行われています。薬剤を注入するだけの施術なので大きな副作用はなく、簡単な施術だと言われていますが、それでもクリニックによって効果の出方には差があります。違いがある原因は医師の技術による差と使っている薬剤によるものだと考えられます。今ではボトックスを使用する際の技術向上に向けて研修などが増えており、ほとんどの医師がボトックスを適切に使用できる技術を持っています。しかし、その中でも特に施術が上手な医師がいるので、できるだけ技術力の高い意思を選ぶことが大切です。ボトックスエラは一度だけの施術では、効果を完全に持続させることが難しいので、何度か施術を受ける必要があります。そのたびに違う医師にかかっていると、体質や前回の施術のことを毎回説明する手間が生じてしまいます。できれば同じ医師にかかれれば、2回目以降は説明することなく施術が受けられて時間の節約になります。そのためにも最初に医師を決める時には十分な情報収集をして、評判の良い医師を探し出しましょう。また使っている薬剤は多少値段が高くても品質の良いものの方が安心です。あまりに施術料金が安いところは、品質の安定しない薬剤を使っている可能性があります。たまたま何もトラブルが起きなければ良いのですが、重篤な副作用が起きる危険もあります。ボトックス製剤はアメリカのアラガン社のものが最も品質が優れていると言われています。クリニックに問い合わせをすれば、どの製剤を使っているのか教えてもらえるので参考にすると良いでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスで憧れの小顔になろう!気軽にエラ解消ができる美容整形 All Rights Reserved.